参加者の皆様宛に当日のご案内メールを送付しています(11月9日15時20分頃)。必ずご確認ください。

DSC00745_original
日本最大の政策コンテスト優秀賞が勢揃い!

トップランナーに学ぶ
受賞事例研修会

「日本最大の政策コンテスト」マニフェスト大賞で、今年優秀賞を受賞した全国のトップランナーが、最新の取り組み事例を発表

全国各地の幅広い主体による最新の取り組みを、一挙に学べる機会となりますので、是非ご参加ください。

※写真は一昨年の様子です。今年はオンラインでの開催となります。

この研修会は、地方議員をはじめ、地域課題解決に取り組む方誰でも参加できます!

プログラム

今年のマニフェスト大賞で優秀賞を受賞した個人・団体が登壇し、2日間に分けて受賞事例を発表

※ 登壇者の予定によって一部日程に入れ替えが生じる場合があります。
※ Day2(11月11日)18時よりオンライン交流会を実施します。
※ プログラムの一部変更に伴い、Day2は当初予定していた昼休憩を無し、終了時間を12時30分とします。

Day1 11/10(水)13:00-16:00

2021年マニフェスト大賞 優秀躍進賞、優秀コミュニケーション戦略賞、優秀政策提言賞、優秀成果賞受賞の個人・団体

Day2 11/11(木)10:00-12:30

2021年マニフェスト大賞 優秀マニフェスト推進賞<首長部門><議会部門><市民・団体部門>受賞の個人・団体

特徴

SONY DSC

善い取り組みを真似て、「善政競争」を実践する

全国各地の優れた取り組みを一挙に学べます。学び合いの中から善い取り組みを自身でも取り入れ、マニフェスト大賞が目指す「善政競争(善い政治の競争)」の輪を拡げましょう。

参加者には「マニフェスト大賞記念冊子」をお渡しします(郵送)

マニフェスト大賞優秀賞受賞事例をまとめた「第16回マニフェスト大賞記念冊子」が参加費に含まれています(後日郵送、当日は電子データを送付します)。

オンライン交流会で全国の仲間をつくり、情報交換ができます

Day2(11月11日18時から19時30分)に、オンラインによる交流会を開催します。全国の仲間をつくり、情報交換の機会となります。場所を選ばず参加できるため、是非ご参加ください。

レコーディング動画を後日配信します

当日参加が難しくても、後日レコーディング動画を配信しますので、あとから内容を振り返ることができます。
※ 事前にお申し込みいただいた方に限ります。
※ 登壇者によっては、レコーディング許可が得られない場合があります。
※ 動画の配信は予告なく終了、変更する場合があります。

マニフェスト大賞を知る機会にも

マニフェスト大賞をよく知らない方や、来年以降優秀賞受賞を目指す方にとっても、マニフェスト大賞のことをさらに知っていただける機会になります。

twafr

第16回マニフェスト大賞
授賞式 生配信
2021年11月12日13:00-16:00

開催概要
※ お申し込み前に必ず確認してください。

日本最大の政策コンテスト優秀賞が勢ぞろい!
トップランナーに学ぶ受賞事例研修会

Day1 :2021年11月10日(水曜日)13時-16時
Day2 :2021年11月11日(木曜日)10時-12時30分
※ プログラムの一部変更に伴い、Day2は当初予定していた昼休憩を無し、終了時間を12時30分とします。
※ Day2:18:00-19:30オンライン交流会を予定

オンライン 
※Zoomミーティングを最新バージョンにしてご参加ください。

議員・首長等:5,000円(税込)
上記以外:2,000円(税込)

※ 参加費は両日通し料金となります。
※ 参加費には、優秀賞受賞の取り組み内容をまとめた「第16回マニフェスト大賞記念冊子<定価1,500円(税込)、郵送手数料<500円>」が含まれています。お申し込みにつき1冊を研修会後現物を郵送します(※研修会当日は、電子データを送付します)。
※ お申し込みいただいた方は当日参加できなくても、後日レコーディング動画を閲覧できます。

2021年11月7日(日)

主催:マニフェスト大賞実行委員会
共催:ローカル・マニフェスト推進連盟/早稲田大学マニフェスト研究所

早稲田大学マニフェスト研究所(担当:山内、亀井)
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング5階 WASEDA NEO内
電話番号:03-6214-1315 メール:mani@maniken.jp

・開催日前日までに参加用URLをメールでお知らせします。
・請求書や領収書の扱いについては「よくある質問」をご確認ください。
・その他、「よくある質問」の内容をご確認してください。

よくある質問

チケット販売サービス「Peatix」にアクセスし、領収データをご自身でダウンロードしてください。
チケットお申し込み完了後、購入者は注文履歴画面またはお申込み詳細メールから領収データにアクセスできます。アクセス方法は購入者向けのヘルプページからご確認ください。
なお、行政機関等、Peatixによる支払いが難しい場合で請求書払いにてお支払いいただく場合、当方事務局にて領収書を発行しますので、必要な場合お問い合わせください。

オンライン会議ツール「Zoomミーティング」を使用します。Zoomの使い方は、下記のウェブサイトをご参照ください。
【PCの方】 https://zoom-japan.net/manual/pc/
【スマートフォンの方】 https://zoom-japan.net/join-zoom-from-smartphone/
【タブレットの方】 https://zoom-japan.net/manual/ipad/

後日事務局よりお送りする「参加用URL」をクリックするだけで、Zoomを利用することもできますが、下記のウェブサイトより、事前にアプリケーションをダウンロードし、お使いいただくこともできます(安定的な動作のためにダウンロードすることを推奨しています)。
【ダウンロード】 https://zoom.us/download

ここまで環境が整いましたら、事前に接続テストをしておくと、当日スムーズにご参加いただけます。下記のURLよりテストをすることで、マイクやカメラの動作確認ができますので、ぜひお試しください。
【接続テスト】 https://zoom.us/test/

また、一つのお部屋で複数名が参加する場合などでは「イヤホン」をご使用いただくことを推奨します(開催中は参加者は「ミュート」(音の出ない設定)にてお願いします)。

原則、チケットのキャンセルをすることはできませんが、イベント主催者(事務局)が承諾した場合に限り可能です。チケットのキャンセルをご希望の場合は、イベント主催者(事務局)へキャンセルが可能か直接お問い合わせください。
なお、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき340円の手数料が発生します。
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合

詳しくは、こちらをご確認ください。

Peatixでのお支払いが困難で、請求書が必要な場合は、お手数ですが下記より請求書発行のお手続きをお願い致します。事務局より追って請求書を発行しますので、到着次第お支払いをお願い致します。
>請求書払いで申込みをする

議会全体での参加(議会研修等)、委員会単位での参加(委員会研修等)の場合、同席して聴講する事務局職員の参加費は求めません。
ただし、参加される議員について、参加人数分の参加費(1人5,000円)をお支払いくださいますよう、お願い致します。

チケット

参加費(税込)

議員、首長等

5,000円/1人

上記以外(職員、市民等)

2,000円/1人

※ 両日通し料金となります。
※ 参加費には優秀賞受賞の取り組み内容をまとめた「第16回マニフェスト大賞記念冊子<定価1,500円(税込)、郵送手数料<500円>」が含まれています。お申し込みにつき1冊を研修会後現物を郵送します(※研修会当日は、電子データを送付します)。
※ お申し込みいただいた方は当日参加できなくても、後日レコーディング動画を閲覧できます。
※ 請求書払いを希望する場合はこちらからお申し込みください。

チケット購入期限:11 月 7 日(日) 締切ました。たくさんのお申込ありがとうございました。

主催共催団体紹介

マニフェスト大賞実行委員会

議会・首長や地域主権を支える市民等の優れた活動を表彰し、それらが広く知られ互いに競うようにまちづくりを進める「善政競争」の輪を拡げるために設けられたアワードです。

ローカル・マニフェスト推進連盟

真の地方分権確立のため、二元代表制における地方議会、地方議員、地方自治体の活性化、議会改革を進めてきた超党派の地方議員などで構成されている団体です。

早稲田大学マニフェスト研究所

マニフェスト、議会改革、選挙事務改革、人材マネジメント、シティズンシップ推進などの調査・研究により、ローカル・マニフェストによって地域から新しい民主主義を創造することを目的としています。

お問合せ

お電話でのお問合せ

事務局:早稲田大学マニフェスト研究所

※ 大変多くのお問合せを頂戴します。正確に内容をお伝えするために、緊急のご連絡を除いては、上記の「お問合せフォーム」よりお問合せください。ご協力をお願いします。

1110日(水)開催
13時から16時まで

 優秀マニフェスト推進賞<首長部門> 
『「アジャイル」「エビデンス」「デザイン」を意識した、新しい「官民共創」』

日野町長 堀江 和博(滋賀県日野町)
発表者:日野町長 堀江 和博

令和2年7月に第6代日野町長に就任した堀江和博は、3つのキーワード「アジャイル」、「エビデンス」、「デザイン」を意識した、新しい「官民共創」に取り組んでいる。民間企業や大学法人との共創により、「アジャイル(すばやい)」ではスピーディでミスマッチのない官民連携、「エビデンス(根拠・証拠)」ではデータを活用した政策立案、「デザイン」では政策を見える化するプロセスデザインに取り組んでいる。

 優秀躍進賞 
『誰一人取り残さず、子育てしやすいを実感できる街づくりの実現を目指すまつどでつながるプロジェクト』
まつどでつながるプロジェクト運営協議会(千葉県松戸市)
発表者:阿部 剛

子育てに困難を抱えながらも緊急度の高いハイリスク家庭には当てはまらず公的支援が届きづらい、虐待などに陥ってしまう危険のあるグレーゾーン家庭が、身近なサポートにつながれる環境を街全体で作ることで、子ども・子育ての孤立を防ぐ。特にコロナ禍で孤立する家庭が増える可能性を考え、新たにオンラインによる講座や居場所づくり・キッチンカー事業を開始。リアルでつながりづらい方へのアプローチや、新たに他団体とつながる機会にもなっている。

 優秀躍進賞 
『もっと開け!市民のための議会&DX推進でチャンスロスをなくせ!』

知立市議会(愛知県知立市)
発表者:知立市議会前議長 永田 起也

遅々として進まなかった議会のデジタル化が、コロナ禍で見直され、「公開を止めない」「対話を止めない」「議論を止めない」ための議会活動を展開した。令和3年7月には議会DX推進PTを発足。バリアフリーなデジタル化を「チーム議会」で推進する。常設的に市民の声を聴く「議会モニター」制度の導入や、主権者教育で政治や選挙が身近なものとなった高校生に議会活動を体験してもらい広くまちづくりについての意見を聞き協議する機会を設ける「高校生議会」も開催した。

 優秀躍進賞 
『市民が議場で思いを述べる 「はまだ市民一日議会」初開催』

浜田市議会(島根県浜田市)
発表者:浜田市議会議長 川神 裕司

犬山市議会の「市民フリースピーチ制度」を参考に、「はまだ市民一日議会」を開催。「はまだ市民一日議会」は市民が議場で、日ごろ暮らしの中で思う意見や要望を5分間で発言するイベント。議員は聴いた意見に対し、確認の質疑等を5分間で行う。実施後に全員協議会を開き、市民からの意見を議会としてどう取り扱うかを協議。協議の経過及び結果は発言者にフィードバックを行う。募集定員を超える申込があり、嬉しい悲鳴をあげることとなった。

 優秀躍進賞 
『那賀町議会議会活性化の取り組み―住民から信頼される議会を目指して』

那賀町議会(徳島県那賀町)
発表者:那賀町議会議員 柏木 岳

那賀町議会は、3次にわたる議会改革調査特別委員会で、通年の会期制、議会基本条例制定、車座会議、ICT利活用、議会モニター設置、議会広報のあり方の変更、新成人に対するアンケートの実施、議会事務事業評価導入、議会内建築物検討委員会の立ち上げなどの議会活性化の取り組みを議論し続け、ひとつひとつ具体化したことにより、住民にわかりやすく開かれた議会を目指してきた。

 優秀躍進賞 
『前進あるのみ!!議員と事務局が二人三脚で進む議会改革』

西条市議会(愛媛県西条市)
発表者:西条市議会議長 行元 博

議員間討議による意思決定を行うための特別委員会を設置し、議会改革を推進し議会機能の更なる活性化に向けた取組を行う。平成23年度から毎年度開催している政策提言会は、提言の実施単位を会派及び会派に属さない議員とすることで、議員一人一人が広く市政全般における諸課題に向き合い、精査することで、提言内容にいっそうの実現性を持たせようとするものである。また、複雑化する議会事務局業務の見直しも行い、大幅な時間外勤務時間の削減にも成功している。

 優秀コミュニケーション戦略賞 
『行政らしくない漫画も交えた雑誌風戦略書で、町職員の広報などの意識向上! 新刊が発刊する度に、職員レベルも段階的にアップ!』

磐梯町役場デジタル変革戦略室(福島県磐梯町)
発表者:磐梯町CDO補佐官 前田 聰一郎、室長 小野 広暁

当戦略は、実行から戦略策定まで磐梯町職員が主役である、真の「全員広報・全員マーケティング」が行うための取り組みである。そのため、行政実務に即した戦略となるよう意識し作成した。ポイントは、①戦略書自体が庁内広報物である、②段階的なアップデートを行う戦略であり、都度新刊を発刊する、③用語を定義する、の3つ。当戦略を通して、ステークホルダーと、迅速に質の高い情報のやりとりの実現を目指す。

 優秀コミュニケーション戦略賞 
『「SNSガイドライン」の策定による有権者との円滑なコミュニケーション』

江東区議会議員 鈴木 綾子(東京都江東区)
発表者:江東区議会議員 鈴木 綾子

SNSによる情報発信を効果的に行い、誹謗中傷の発生を防ぐため地方議員では初めてとなる「SNSガイドライン」を策定し、SNSを安心して運用する助けとなっている。 議員からの問い合わせも増え、地方議員勉強会での講演や個別相談対応によるガイドライン普及活動を行っており、ガイドラインを策定する議員も増加。事例の水平展開(TTP)を行うことで議員の安心安全なSNSコミュニケーションに役立てている。

 優秀コミュニケーション戦略賞 
『外国ルーツの若者たちによる映像制作を通じた社会参画の取組み Glocal Cinema Meetup!』

一般社団法人リテラシー・ラボ(東京都世田谷区)
発表者:代表理事 千葉 偉才也

市民が映像制作の過程を通じて、住んでいる地域や社会と向き合い、自らの考えを表現する映像教育プロジェクト。東京都では、外国にルーツを持つ若者たちが、自らが持つ価値観や葛藤と向き合いドキュメンタリー作品を完成させた。多様性という言葉が市民権を得る一方で、その言葉が指す意味と向き合う機会は限定的である。本事業では、完成した作品の公開を通じて多様性豊かな社会について考える機会の創出を目指し取組んだ。

 優秀コミュニケーション戦略賞 
『参加型民主主義プラットフォーム「加古川市版Decidim」の導入 ~コロナ禍における新しい市民参加型合意形成のカタチを実現~』

加古川市役所企画部政策企画課スマートシティ推進担当(兵庫県加古川市)
発表者:加古川市スマートシティ推進担当課長 多田 功

市民中心の課題解決型スマートシティを目指すための方針である「スマートシティ構想」を策定するため、スマートシティの主役となる市民の意見を可能な限り構想に反映するため、オンライン上で議論ができる場として「市民参加型民主主義プラットフォーム:加古川市版Decidim」を立ち上げ、オンラインとオフラインを融合した意見収集を実現した。

 優秀コミュニケーション戦略賞 
『福山アンバサダー』

福山市(広島県福山市)
発表者:福山市情報発信課 江田 鮎美、情報発信課 原 幹二郎

福山が大好きな方や情報発信意欲のある方を「福山アンバサダー」に認定。「#福山アンバサダー」を付けて投稿することで、フォロワーを通して世界中に発信し、福山の魅力をよりたくさんの方に知ってもらう。認定者数は905人おり、総フォロワー数は約220万人(2021.8.1現在)2017年10月に活動を始めてからコロナ禍においても良質な情報発信媒体として3万8千件を超える投稿がされており、およそ8100万人に届いたと推計している。

 優秀政策提言賞 
『流山で本当の意味での森のまちを実現するための、みどりのパラダイムシフトを目指した取組み』

Social Green Projects in NAGAREYAMA(千葉県 流山市)
発表者:伊藤 奈未

流山市で現在施行中の総合運動公園地区区画整理において、重要な地域資源である「斜面緑地のみどりがかたちづくる風景」が急速に消失している。貴重な大木や残すべき緑を抽出の上、点・線・面的に残す手法を自治体に提案した。提案と並行して、マイモリ文化(森を楽しみ、慈しみ、守る文化)を根付かせることで、本当の意味での森のまちを実現するとともに、みどりの多面的な価値を向上するため様々な取組みを行っている。

 優秀政策提言賞 
『コロナ禍の困窮者支援の取り組み、生活保護行政の改善、「コロナ災害対策自治体議員の会」』

足立区議会議員 小椋 修平(東京都 足立区)
発表者:足立区議会議員 小椋 修平

2020年4月、超党派の自治体議員ネットワーク 「コロナ災害対策自治体議員の会」を片山薫小金井市議と共に立ち上げ約200名が参加、共同代表に就任。「新型コロナ災害緊急アクション」に加盟し、困窮者からのSOSに対して現地駆けつけスタッフとして活動。生活保護申請を妨げている要因である扶養照会の実績を全国で初めて明らかにし、数多くのメディアに掲載、改善に繋げる。研修会・セミナー開催、メディア発信、困窮者支援と生活保護行政の改善に取り組む。

 優秀政策提言賞 
『シビックテックによるデジタル政策提言「技術駆動都市ヨコハマ2030」』

 Code for YOKOHAMA(神奈川県 横浜市)
発表者:主幹研究員 大林 勇人

2017年に横浜市長選に向け、デジタル技術・ICT政策提言「技術駆動都市ヨコハマ2030」を公開した。以降も議論を重ね、提言した内容がどのくらい横浜市のデジタル政策に反映されたかという評価を実施し、2021年8月には横浜市長選2021に向けて提言書をアップデートしversion 2.0として公開した。横浜市の職員や市議会議員、横浜市で活動する様々な市民の方々との協業関係をすることができ、提言だけではなく実装も進めている。

 優秀政策提言賞 
『政治家だって住所公開するのは怖い。立候補時に住所が全世界に公開されるのを止め、旧姓をもっと簡単に使えるようにする。』

WOMANSHIFT(全国・その他)
発表者:旧姓使用&住所非公開プロジェクトメンバー・埼玉県川口市議会議員 おぎのあずさ

女性議員が少ない理由の一つにプライバシーのなさと知名度のなさが挙げられる。自宅住所を全世界に公開されることは、恐怖と隣合わせでもある状況をどうにかするべく、総務大臣に要望書を提出。合わせて旧姓利用もできるように要望。3日で全国に通知発出。その後、地方自治体の選挙管理委員会で取り組みをすすめるように、地方議員向けの勉強会を実施。現在のところ行われた選挙では住所公開がされたという話は聞いていない。

 優秀政策提言賞 
『議員のネットワーク、専門家との意見交換により、行政のみならず民間企業等へもエビデンスに基づいた提言を行う議員連盟。』

子どもの事故予防地方議員連盟(全国・その他 )
発表者:発起人・幹事長 町田市議会議員 矢口 まゆ、委員長 稲城市議会議員 いそむら あきこ

子どもの事故予防地方議員連盟は全国75名の地方議員が、党派を超え、予防できる重大事故から子どもたちを守るために学び、議論し、政策提言をしていく議員連盟である。2019年10月に7名の発起人により設立。議員のみならず、医師や研究者、技術士、弁護士など専門家との意見交換を常時行い、相互協力の体制を構築。エビデンスに基づく関係各所への要望書の提出を活発に行い、議連の学びをきっかけとした議会質問は把握できているだけでも72回に上る。

 優秀成果賞 
『遊佐町少年町長・少年議員公選事業「若者の力で、遊佐の未来をつくろう」』

遊佐町少年町長・少年議員公選事業
発表者:遊佐町教育委員会社会教育係 菅原 優輔 

遊佐町少年議会は第19期目を迎えた。特徴は、町内在住・在学の中高生の有権者が全員で投票する点。さらに、自らの政策を掲げ、政策を決めるにあたって有権者を対象にアンケート調査を行っている。このアンケートを参考に今年度の政策を掲げ、政策実現のために活動する。毎年、若者の視点から町政への政策提言を行っています。さらに独自の政策予算をもつ。第18期少年議会では45万円の政策予算が町から与えられている。毎年、若者の視点から町政への政策提言を行っている。

 優秀成果賞 
『全国で初となるデジタルIDやブロックチェーン等を活用したインターネット投票による生徒会選挙の実施』

つくば市政策イノベーション部
発表者:政策イノベーション部長 森 祐介

県立並木中等学校生徒会選挙において、文部科学省や筑波大学、民間企業と連携し、デジタルIDやブロックチェーン技術を用いた全国初のインターネット投票を行うプロジェクトを新規に企画立案、実行。高校1年生約160人が、「主権者教育」「デジタルIDとブロックチェーン技術」「通信・5G」について事前学習し、紙での投票に代えて、スマホから投票した。近い将来、つくば市で実現を目指す公職選挙でのインターネット投票の導入に弾みをつけた。

 優秀成果賞 
『地方公務員が一般社団法人を設立して町の財源を生み出す@栃木県茂木町 ~20年後の子どもたちに住みよい環境を創るため~』

一般社団法人Social Up Motegi
発表者:理事 東海林 帆

茂木町役場有志4名により令和2年4月1日に設立した非営利の一般社団法人である。現在は趣旨に賛同してくれた仲間も増え、9名(全員役場職員)で業務外の取組として活動している。設立費用はクラウドファンディングで獲得し、国・県・町から運営費の補助金や資本提携はなし。初年度は茂木町産木材と茂木町産和牛のブランディングプロデュースと販売を実施し、総売上は約300万円で純利益は約12万円、うち6万円を町に寄付をした。

 優秀成果賞 
『ウィズコロナ時代を見据えたオンライン本会議実現へのミッションロードマップ』

大津市議会
発表者:大津市議会議会局長 清水 克士

新型コロナウイルス感染症のクラスターが本庁舎内で発生し、2020年4月末から5月初旬まで本庁舎への立入制限がされるという非常事態に直面した。もし、それが会期中であれば本会議が開催不能となり、全議案の専決処分さえも想定された。この教訓を活かし、コロナ禍の状況下でも議決機関としての機能発揮を担保するため、オンライン本会議の実現に向けて、大津市議会独自に実務的実現可能性の検証や法整備のための活動を展開してきたものである。

 優秀成果賞 
『デジタル活用で特別定額給付金を最短4日で給付! ~離島自治体のデジタル化への挑戦~』

奄美市 押川 裕也
発表者:デジタル戦略課長 押川 裕也

新型コロナウイルスの経済支援策「特別定額給付金」の支給業務にRPA・AI-OCRを活用。全国の自治体が対応に追われ給付までの時間を要したことで、地方自治体のデジタル化の遅れが指摘された。そんな中、規模が小さく要員も決して多くない奄美市では、以前から導入を進めていたAI-OCRを活用した紙の申請書のデータ化や、振込先口座情報の登録作業をRPAで自動化。最短で4日間、平均でも6日間以内での給付を実現。住民からは市長へ感謝の言葉が寄せられた。

※プログラムは予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

1111日(木)開催
10時から12時30分まで
※ プログラムの一部変更に伴い、Day2は当初予定していた昼休憩を無し、終了時間を12時30分とします。

 優秀マニフェスト推進賞<首長部門> 
『対話する市政』
君津市長 石井 宏子(千葉県君津市)
発表者:君津市長 石井 宏子

市政運営の基本姿勢として掲げる「対話する市政」。無作為抽出の市民らによる「君津まちづくりプロジェクト」で生まれた提案を踏まえ、市では公共施設の再編などにかかる方針を策定した。また、現在進めている総合計画の策定過程においても様々な手法による市民対話を導入。コロナ禍を踏まえ、初挑戦したオンラインによる市民会議や中高生のワークショップでは、効果的な議論が行われるよう検討を重ね、建設的な議論が交わされた。

 優秀マニフェスト推進賞<首長部門> 
『まちづくりは「人」づくり』
高森町長 壬生 照玄(長野県高森町)
発表者:高森町長 壬生 照玄

地方が活性化していくためには、そこに住む人がその地に愛着を感じ、それぞれの地域をどのようにしたいかを考え、行動して始めて成り立つと考える。そのために、地域に貢献しようとする「地域人材の育成」をマニフェストの中心に据え、①義務教育:「地域学習」が小学6年~中学3年で継続的取組になるよう依頼、②高校・大学:「わかもの特命係」制度を導入し希望する生徒が参加、③社会人:「信州たかもり熱中小学校」開講など、世代ごとで地域を考える環境を整え、実行した。

 優秀マニフェスト推進賞<首長部門> 
『政策カタログ【新しい大津町をつくる101の具体策】を確たる基盤としたマニフェストサイクル』
大津町長 金田 英樹(熊本県大津町)
発表者:大津町長 金田 英樹

コロナ禍での首長選挙にあたり、約7年半の議員活動での住民対話を基に、全項目イラスト付きで中学生程度でも理解しやすい平易な表現の54ページにわたる政策カタログ【新しい大津町をつくる101の具体策】を作成し、町内全戸へ13,000部超を配布して浸透に努めた。当選後はマニフェストサイクルの遂行に向けて進捗を本人HPで随時更新するとともに、住民や職員との一層の合意形成、および財政計画等との整合性を図るために総合計画への落とし込みを進めている。

 優秀マニフェスト推進賞<議会部門> 
『「デモテック&音声テック」ICT・AI・住民・議会による新しい民主主義を推進』
取手市議会・同議会事務局(茨城県取手市)
発表者:取手市議会議長 齋藤久代、同議会議員 山野井 隆、
同議会事務局長 𠮷田 文彦、同議会事務局次長 岩﨑 弘宜、同議会事務局長補佐 土谷 靖孝

取手市議会は官民学連携による新しい民主主義を創造する「デモテック戦略」、また、その延長線上にある「音声テック」事業を官民連携で協定を締結し、AI音声認識技術を用いた新しい議会の仕組みづくりにもチャレンジしています。「議会の中に住民がいる。住民の中に議会がある。」の取り組みを、ICTを活用した議会や中学生のオンライン議会、高校生等住民との協働による議事録作成・議会参加によって実施。

 優秀マニフェスト推進賞<議会部門> 
『出産・子育てが政治参画の障壁とならない、誰もが参画しやすい議会の法規・環境整備の取り組み』
出産議員ネットワーク・子育て議員連盟(東京都豊島区)
発表者:鎌倉市議会議員 久坂 くにえ

出産・育児等家庭生活と議員活動の両立のための体制整備のための要望活動を行い、昨年12月閣議決定の「第5次男女共同参画基本計画」への反映、本年1~2月の全国3議長会の標準議会会議規則の改正、本年6月の「政治分野における男女共同参画推進法」の改正法に反映される。単に要望を行うのではなく、代表による全国調査の結果や現状分析を示し、論点を整理した上で関係各所との意見交換の場を設けるなどして計画への反映や法規の整備に繋げた。

 優秀マニフェスト推進賞<議会部門> 
『議会の広聴機能強化!将来の高山市を担う高校生の意見を政策の起点に ~求められる市民意見の多様性を担保する~』
高山市議会(岐阜県高山市)
発表者:高山市議会議長 中筬 博之

平成27年度(平成28年2月)から開催する高校生との意見交換会は、議会基本条例に規定する市民の多様な意見を把握し市政への政策提言に反映させるため、また、将来の高山市を担う高校生にまちづくりを身近に感じてもらえるよう行っている。高校生と議員との意見交換は勿論のこと、高校生が日ごろ取り組んでいる研究や調査を基に考えられた成果を市議会に提案いただき、その提案を政策課題の解決や市政への政策提言の反映、政策の起点に繋げようと取り組んでいる。

 優秀マニフェスト推進賞<議会部門> 
『議会は住民自治のプラットフォーム -新型コロナ対策事業に関する課題懇談会を開催し、住民が望むコロナ対策を提言-』
西脇市議会(兵庫県西脇市)
発表者:西脇市議会議長 村井 公平(予定)

コロナ禍により市内でも多くの住民や事業者が生活環境の変化や、経営環境の悪化等の厳しい状況に立たされていた。そのような中これまで実施してきた事業の効果や課題、さらには、今後必要と思われる新たな事業等に対し、市内の全自治会長と市内の3つの商店会から率直な意見や提案をもらう場を設け、それを基に市行政へ事業提案を行うこととした。結果、本提案は12月の一般会計補正予算及び令和3年度予算に大きく反映されることになり様々な事業を実施することになった。

 優秀マニフェスト推進賞<議会部門> 
『九州の地方議会活性化のための議員間ネットワークづくりと意見・情報交換や勉強会などの場づくり』
輝け!議会 対話による地方議会活性化フォーラム(福岡県福岡市)
発表者:副代表 長崎県平戸市議会議員 大久保 堅太

地方議会改革は、東高西低と言われ、九州の地方議会は全国的にみて遅れている。そこで、九州の地方議会議員有志が集い、ネットワークを構築し、情報交換、意見交換、勉強会、フォーラムなどを通して、九州での地方議会改革に寄与することを目的としている。フォーラムやオンライン勉強会が議会改革への推進力となっておりネットワークの輪が全国に広がっている。フォーラム+オンライン勉強会への参加者が延べ800人を超えた。

 優秀マニフェスト推進賞<市民・団体部門> 
『地域におけるジブンゴト体感プログラムSIMulation Moriokaを軸とした人材育成プロジェクト』
ドリーム・シード・プロジェクト(岩手県盛岡市)
発表者:山崎 翔、加藤 常磐

対話による政策決定と模擬選挙による政策選択で、架空都市のまちづくりを行う自治体経営シミュレーションゲーム「SIMulation Morioka 2040」の開発、普及を行っている。このプログラムを、高校の探究型授業へ導入させるなど、多くの若者が体験する機会を創出することにより、地域課題を自分事として捉え、価値前提の発想でまちへ飛び出し、具体的なアクションを起こす、シビックプライドを持った本当の市民を増やすことを目指している。

 優秀マニフェスト推進賞<市民・団体部門> 
『知的・発達障がい者のための主権者教育の手引き作成によるわかりやすい主権者教育の普及啓発の取組み』
知的・発達障がい者のための主権者教育の手引き製作委員会(東京都狛江市)
発表者:同委員、狛江市副市長 平林 浩一

特に特別支援学校等に通学する児童・生徒に教える立場にある学校教育の現場での主権者教育に対する悩みや戸惑いを踏まえて、教材として活用できる「わかりやすい主権者教育の手引き」を作成するため、特別支援学校主幹教諭が実際に授業で行っている主権者教育の取組みや、障害福祉施設で行っている主権者教育の取組みを掲載することで、小・中・高・卒後という年齢や習熟度に応じた取組みを、一連の流れをもたせて行うための基本となる手引きを作成した。

 優秀マニフェスト推進賞<市民・団体部門> 
『市政にアクション!議会にアクション!新たなつながり・新たなまちづくりをめざす 「まちづくりアクション@日進」』
まちづくりアクション@日進(愛知県日進市)
発表者:代表 島村 紀代美

私たちのまちづくりを行政や議会に「おまかせ」にしない!そんなコンセプトの有志が集まって発足した「まちづくりアクション@日進」は、2019年6月の発足以来、勉強会やタウンミーティングの開催、議会や各審議会の傍聴、請願、要望書の提出、市の事業に関する現地調査、アンケート調査など、切れ目なく活動を続けてきた。活動報告通信「まちづくりアクションNOW」はこれまで10号を発行。毎号23000部を全地域にわたって新聞折込、ポスティング配布。現在会員数は112名。

 優秀マニフェスト推進賞<市民・団体部門> 
『高校生による奈良市へのまちづくり提案コンテストと奈良市長選公開討論会の開催、仲川市政検証評価論文集の作成』
政策研究ネットワーク「なら・未来」(奈良県奈良市)
発表者:代表幹事 北井 弘

「高校生による奈良市へのまちづくり提案コンテスト」を実施した。また、2021年7月の奈良市長選挙を政策本位の選挙とするため、6月27日(日)に立候補予定者公開討論会を開催し、その模様をオンライン配信するとともに、録画をYouTubeで配信した。さらに、選挙に先立って仲川市政3期12年の検証が不可欠と考え、検証評価論文集を作成し仲川市長に手渡すと共に市長選立候補予定者にも送って公約に活かしてもらうことをお願いした。

※プログラムは予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

マニフェスト大賞 各賞の説明

■マニフェスト推進賞 <首長部門> <議会部門> <市民・団体部門>
マニフェストや公約、各種計画に基づいた活動が行われ、その検証・改善などマニフェスト・サイクルが推進されているもの。授賞にあたっては、[首長]・[議会]・[市民・団体]の 3つの部門に分けての審査・表彰とする。
とりわけ首長部門については、選挙に際してマニフェストや公約を作成していることを重視する。
また、市民部門については、必ずしも自らマニフェスト・サイクルを推進せずとも、マニフェストの検証・評価や、主権者教育、選挙啓発等を通じてサイクルを促進する取組みも含まれる。

■成果賞
生活者起点の視点に立った活動を通じて成果を出しているもの。感染症対策・復興支援・防災対策の取組みも含まれる。

■政策提言賞
生活者起点の視点に立ち、新規性や創造性にとんだ政策を提言しているもの。実現に至っていなくともよい。

■コミュニケーション戦略賞
政策づくりやまちづくりのために、優れたコミュニケーションの手法をとっているもの。ホームページ、SNS、広報誌、チラシ、ポスター、選挙公報、ネット選挙、オープンデータなど、手法やツールを問わない。

■躍進賞
マニフェスト・議会改革を中心に、大きな躍進を見せたもの。先頭集団の取り組みには及ばないまでも、この一年間で周囲を巻き込み取り組みを前進させるなど、飛躍と成長が著しい取組みを評価する。